そもそも交通事故の対応で行政書士にできることと弁護士の違いとは?に交通事故どちらに頼む?

交通事故で行政書士??

行政書士とは

もともと行政文書作成の代理業務を行う仕事をしていた人のことです。

例えば役所に提出する申請書や車の名義変更などの書類です。一般の方はこのような書類をどのように書けばよいのかわからないことがあるので行政書士が援助しています。

 

現在は行政書士に限らず、一般的な内容証明郵便物や簡易な契約書、遺言書などの作成もしているのが行政書士でいわゆる【代筆業・代筆家】であります。

法律全般に知識が弁護士よりも乏しいのでやはり交通事故は弁護士にお願いするとよいでしょう。

また、行政書士には、本人の代理で法律業務を行う【代理権】は一切認められないので注意が必要です。

 

弁護士とは

弁護士はすべての法律問題を取り扱う法律のエキスパートであります。

あらゆる法律のトラブルについても相談を受けて、相談者のトラブルについて解決するため活動します。

文章作成だけでなく本人の代理人になって相手方と交渉することもできますし、交渉で解決しない場合訴訟によって裁判所の判断も仰ぐこともできます。

 

弁護士は学んでいるほうるつの範囲も幅広く憲法民法刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法を基本とし関連する法律知識も深く裁判の研究もされています。

このように弁護士はどのような問題にも対応できる法律もエキスパートである点が大きいと思われます。

 

弁護士には代理権がある

行政書士は代理で交渉はできません。法律違反になります。

弁護士には、本人の代理権がありますから、本人の代理で示談交渉することができます。

そこで、示談交渉がこじれたときや自分で交渉したくないとき、被害者は弁護士に交渉を任せれます。

しかし、行政書士には代理権すらないので交渉をすればその行政書士は【皮弁行為】で処罰されます。

 

うちに任せてください

福島区の交通事故治療や相談は新橋筋商店街入口のお好み焼き風月前にあり【やす整骨院】まで連絡してください。

転院もできます。病院は野田阪神の松本病院を併用できます。安心です。

ページトップへ戻る