何??なぜ??【むち打ち症】のメカニズムを解明!!

2016年9月23日 : 交通事故・むち打ち,交通事故治療

そもそも、【むち打ち】とは一体どんなものなんでしょうか?

そして、何故どのように【むち打ち症】になるのでしょうか?

直接の原因には、

・外からの強い衝撃

・不意をつかれた状態での衝撃

・身構えることのできない状態で受けた早い衝撃

などがあります。

これらは頻繁に日常生活で遭遇するものではありませんが、代表例としてよくしられているのが、交通事故による【むち打ち損傷】です。

むち打ちによる外傷は筋肉がショックを(外力を)和らげるための防御をする間もなく衝撃が首に伝わることで、頸椎(首のほね)に直接ダメージを与えてしまうのが最大のポイントです。そのため頸椎に強い炎症を起こして、それが首の痛みや腕・手のしびれの原因になります。

また、強いショック(衝撃が)首に伝わると、正常時にはやや前傾しているはずの頸椎のカーブが減少して、ストレートネック(真っ直ぐな頸椎【首】)という状態を引き起こすことも・・・。この状態は身体にとって極度の緊張を起こすこととなり、次第に腰痛や肩の痛み、頭痛、吐き気、背中のハリなど全身症状につながってきます。

ページトップへ戻る