たかが、「むち打ち」されど「むち打ち」そのまま、放っておくと・・・。

2016年9月24日 : 交通事故・むち打ち,交通事故施術の安心ポイント,交通事故治療,当院が選ばれる理由

むちうちは放っておくとどうなるのだろうか?

しばらくしたら、良くなるだろう・・・。とか、無理さえしなければ大丈夫・・・。とか、(むち打ち症)について勝手な思い込みはとても危険です。初期段階では、首・肩のハリ感や違和感、軽度な疲労感だけあったとしても、次第に腕や手のしびれ、頭痛、めまい、腰痛、脚のしびれなど、さまざまな症状を引き起こしかねません。

さらに、そのまま放置すると、こうした症状が全身化、もしくは慢性化、中には受傷後から長期間、最悪の場合は数十年経っても症状が治まらないと訴えるかたもおられます。今このページをご覧になっているあなた、あるいはあなたのご家族、職場の同僚の方で以下のような症状の方がおられた場合要注意ですよ!!

1、自動車やオートバイなどに追突されて、数日間は無症状だったが、次第に最近になって、首・肩にハリ感が出てきた。

2、首を動かしたときに筋肉が突っ張る。

3、首や、肩が熱っぽい。

4、手や足にしびれ、またはだるさがある。

5、顎に違和感や痛みがある。または口が開けずらい。

6、腰や背中が痛い、ツッパリ感がある。

もし、この様な症状や違和感があれば遠慮せずに当院にご相談ください。

 

ページトップへ戻る