首だけでなく全身をトータル的にチェックする【全身トータル整体】で手技中心で(むち打ち症)を治療

2016年9月25日 : 交通事故・むち打ち,交通事故施術の安心ポイント,交通事故治療,当院が選ばれる理由

(むち打ち症)の受傷直後は、まず炎症症状をひかせるための治療が必要です。そして、損傷を受けた靭帯や筋肉の回復にも努めなくてはなりません。当院では超音波やハイボルトやコンビネーション治療による周波数偏重多重周波数でアデノシン三リン酸(ATP)合成、アミノ酸輸送及びたんぱく質合成をもたらすイオンチャネルで損傷部分の治癒の促進するマイクロアンペア(μA)マッサージや頸部コルセットを施す場合もあります。炎症が完全に治まるまでは無理やりストレッチしたり、強いもみほぐしや首の牽引などは決して行っていません。

【むち打ち症とは、首だけの問題にあらず!!!】

これは、むち打ち症に当たるうえで当院の基本ポリシーです。

首に強い衝撃が加わった場合、悪い部分は首だけとは限らないからです。多くの場合は、衝撃時に強くハンドルを握るなどして肩・手首、なたは、背中や腰などにもダメージが起こります。それらに起因する全身のゆがみや筋肉の凝りが神経の圧迫や血行不良を招き、肩コリ、腰痛、疲労感、頭痛といった様々な、不定愁訴が引き起こされます。

当院ではこういった不定愁訴を長期慢性化させないように、外傷症状(炎症)が治まったと判断した後は、全身の調整を基本とし、首以外の関節や筋肉の機能回復・柔軟性をアップすることをサポートします。手技療法を中心に施しながら、自然治癒力を高めて回復を目指します。

1、自動車やオートバイなどに追突されて、数日間は無症状だったが、次第に最近になって、首・肩にハリ感が出てきた。

2、首を動かしたときに筋肉が突っ張る。

3、首や、肩が熱っぽい。

4、手や足にしびれ、またはだるさがある。

5、顎に違和感や痛みがある。または口が開けずらい。

6、腰や背中が痛い、ツッパリ感がある。

もし、この様な症状や違和感があれば遠慮せずに当院にご相談ください。

ページトップへ戻る